インプラント

インプラントとは

失われた歯の部分に人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着する治療です。
インプラントは開発されてから40年以上の臨床実績があるので、安心して受けていただけます。

こんな方にオススメ

ほかの歯に負担をかけるのが嫌な方

歯を失った際にブリッジや部分入れ歯を使う際には、隣の歯を削ったり、場合によっては神経を抜くこともあります。また土台となる歯に負担がかかり、その歯が悪くなるケースが多くあります。
インプラントなら、隣の歯に負担をかけることなく欠損した部分のみの治療が可能です。

一番奥の歯を失った方

ブリッジをするためには両隣に支えとなる歯が必要なため、一番奥の歯を失った場合は部分入れ歯かインプラントのどちらかを選ぶことになります。
たった1本の欠損のために「入れ歯」を使いたくないという方には、インプラントがおすすめです。

入れ歯の見た目が気になる方

入れ歯にはバネがあるため、会話や食事などでお口を開けたときにそれが見えてしまうことがあります。
見た目が気になるという方には、バネを使わないインプラントがおすすめです。

嘔吐反射の強い方

入れ歯を装着すると、口内の大部分が覆われます。したがって嘔吐反射が強い方は、長時間装着できないこともあります。
一方でインプラントは、お口の中を覆うことがないので安心です。

喋りにくい方

入れ歯にすると発音のしづらさがあります。特に人前で話す機会の多い方や英語を話す方は発音の悪さが気になるでしょう。
また、トランペットなどマウスピースを用いる楽器は、音を出すためにくちびるの動きが重要になるため、前歯を失った場合にはインプラント治療がおすすめです。

硬いものが食べられず食事を楽しめない方

入れ歯では噛む力が弱くなり、硬いものがうまく食べられません。歯肉全体を入れ歯のパーツが覆ってしまうので、食べている物の触感や温度が分かりにくくなります。
インプラントなら自分の歯のように食事を楽しむことができます。

インプラントの条件

インプラントはすべての方に適用できるとは限りません。治療を検討している方は歯科医師にご相談ください。

  • 妊娠中の方
  • 全身疾患のある方
  • 糖尿病や高血圧症がある方
  • 顎の骨の量が少ない方や骨粗しょう症の方
  • まだ顎の骨の成長過程にある方
    (概ね18歳以下)
  • 重度の歯周病や感染症がある方
  • 歯磨きなどの日常的なお手入れができない方
  • アルコール依存症の方
  • 医師と協調が難しく、精神的に問題のある方
  • チタンアレルギーの方

治療法

1本、歯を失った場合

最もケースの多いインプラント方法です。
その箇所に1本だけインプラントを埋入するため、ブリッジのように他の歯を削らずに治療ができる点がメリットです。

複数の歯を失った場合

複数の歯を失っている場合、部分入れ歯を用いるのが一般的です。しかし部分入れ歯は、支えているほかの歯と歯茎に負担がかかるのがデメリットです。
インプラント治療では、インプラントを支えとした固定式ブリッジなので、ほかの歯や歯茎に負担をかけることがありません。

すべての歯を失った場合

すべての歯を失った方は、総入れ歯を用いることが一般的でした。しかし総入れ歯では安定感がないなどのデメリットがあります。
インプラント治療なら、顎の骨に埋入した人口の歯根で入れ歯を固定するため、入れ歯がずれたり外れたりしてしまうことがありません。
最近では、より安定感を高めるインプラントとマグネット(磁石)を組み合わせた治療法も注目されています。

メインテナンス

噛み合わせは永久的なものではないため、インプラント治療後は定期的なメインテナンスを行う必要があります。治療後にそのまま放置していると、過度な負担による義歯の破折が起きたり、歯周病が急に進行していくことがあります。
インプラントそのものは虫歯になりません。ただし、お手入れが悪いとインプラント周囲炎という感染症を起こす場合がありますので、定期検診は必ずお受けください。

自宅でのお手入れ

基本的には、天然の歯のケアと同じです。日常しっかりと歯磨きをするだけです。
ただしインプラントには接合部(境目)があり、その部分に汚れがたまりやすいので、歯間ブラシ(ワイヤー部がコーティングされているもの)や、デンタルフロスなどを使ってのケアをおすすめします。

BLOG
入れ歯専門サイト