一般歯科

虫歯治療

お口の中に残った食べカスなどが細菌を増やし、虫歯の原因菌となります。これを防ぐためには、日頃から丁寧なブラッシングを心掛けるのと同時に、歯科医院で定期的な健診を受け、虫歯の予防や早期発見・早期治療が大切です。
当院では、レーザーなども利用しながら、痛みの少ない治療を心掛けています。

虫歯の進行

口内の菌がつくり出した酸が歯のエナメル質を溶かし、穴をつくっていきます。
ごく初期の段階ならば、唾液による表面の再石灰化により、歯が修復される可能性もないわけではありません。
しかし虫歯が進行すると、酸によって歯のエナメル質の浸食が進み、徐々に痛みを感じるようになります。

虫歯の治療

虫歯になった部分を削ったり、取り除いたりした後で薬剤を塗布し、修復物を「詰める」「はめ込む」「被せる」という3つの方法で治療を行います。
保険診療であれば銀製のインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)を使い、自費診療になるとセラミックや金などほかの素材のものを使用します。

歯周病

「歯茎から血が出る」「歯が動く」方は早めに歯周病の検査をされた方がよいでしょう。
歯周病は予防歯科が最も効果的な方法であり、軽度であるうちに治療した方が通院期間や回数が少なく手住、体への負担や経済的な負担を抑えられます。

歯周病の進行と予防・治療法

歯肉炎

歯と歯、歯茎の間に汚れがたまり、細菌が繁殖して炎症を起こしやすい「歯周病予備軍」といえる状態です。
歯科医院にて正しいブラッシング指導を受け、歯石除去・クリーニングを行い、定期的にメインテナンスを続けることをおすすめします。

軽度歯周病

歯と歯、歯茎との間に、歯周病菌のたまり場である歯石が沈着している状態です。
毎日の正しいブラッシングはもちろん必要ですが、歯石は歯磨きで取ることができませんので、歯科医院にて歯石除去・クリーニングを行い、定期的にメインテナンスを続けることをおすすめします。

中度歯周病

歯周病になり、進行が進むと歯を失う可能性が高い状態です。これ以上進むと治すのが難しくなるケースが多く、時間・通院回数も増えます。
歯科医院にてクリーニング(歯石除去)を行い、ブラッシング指導を受けることが大切です。また、お口のメインテナンスを定期的に続けることをおすすめします。

重度歯周病

歯周病が進行しているために歯を失う可能性が高くなります。また、骨がかなり減っているので、将来的に入れ歯やインプラントも難しくなります。
しかし、これ以上歯を失わないためにも歯科医院にて適切な治療を行うことが大切です。

知覚過敏

「知覚過敏」とは、冷たいものや酸味のあるものを食べると歯がしみる、歯が「キーン」とするなどの症状が特徴です。
逆に「ズキズキ」した痛みや、何もしてないのに痛む場合は、虫歯などほかの病気が疑われます。重度になると大掛かりな治療が必要になるため、早い段階での診療をおすすめします。

治療法

毎日の正しいブラッシングを実践し、専用歯磨き粉を使用するのが効果的です。
重度の場合は、「フラップオペレーション」という口腔外科手術で、歯と歯茎の間にできる溝「歯周ポケット」の中にある歯垢や歯石を除去します。

小児歯科

「痛くて怖い」。お子様にとって歯科医院はそんなイメージが根付いています。
そのため当院では、痛みの少ない治療を心掛け、お子様や親御様にとっても安心できる歯科診療を提供しています。お子様としっかりコミュニケーションを取った上で、恐怖心を取り除くよう努めています。

シーラント

奥歯を噛み合わせた部分の溝にプラスチックを埋め込んで、虫歯を予防する治療が「シーラント」です。シーラントは虫歯予防に有効であり、当院ではこれを用いた治療を行っています。
奥歯の噛む面の溝は深く、しかも歯ブラシが届きにくいため、食べカスがたまって細菌が繁殖しやすい場所です。この溝にシーラント材を詰めて、ブラッシングをしやすくします。
※シーラントは保険適用です。

BLOG
入れ歯専門サイト