入れ歯について

入れ歯について

入れ歯の患者様の多くが「入れ歯が痛い」「外れやすい」「ちゃんと噛めない」ということでお悩みを持たれています。常に違和感や痛みを覚える状態ではストレスがかかりますし、食事が美味しく食べられないのは本当に辛いことだと思います。
入れ歯だからと諦めるのではなく、原因をきちんと見つけそれを取り除くことが大切です。
当院では、入れ歯(噛み合わせ)に精通した補綴歯科の指導医が入れ歯治療にあたります。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

入れ歯においては、保険治療と自費治療のいずれかをお選び頂けます。
保険の入れ歯は簡単に安価でつくることができる反面、使用できる素材や技術に制限があるため、患者様に合った入れ歯をつくることが難しい場合もあります。
自費の入れ歯の場合は、製作時間や料金が保険のものより多くかかってしまいますが、その分、患者様に合わせた入れ歯をつくることができます。

入れ歯の種類

歯をすべて失った方には「総入れ歯」、歯が1本でも残っている方には「部分入れ歯」を使用します。それぞれ保険で出来る治療と自費で出来る治療があり、自費の入れ歯は素材によってさまざまな特徴がありますので、詳しくは歯科医師にお尋ねください。

保険の入れ歯

入れ歯の材料やデザインに制限が加わります。
プラスチック製のため、装着時の違和感が大きく、喋りにくい、外れやすいというデメリットがあります。
噛む能力は天然歯の20%~30%程度で、硬いものが噛みにくくなります。また、口の中で熱が伝わりにくく、料理の味が分かりにくいという声も多く聞かれます。
ただし、安価であり、修理がしやすいメリットがあります。

自費の入れ歯

金属床義歯

長年入れ歯用として使われてきた実績を持つ信頼性の高い素材です。薄くつくることができるため、保険の入れ歯と比べて異物感が少なく、口の中が広く感じられます。
金属で製なので、強固でがっちりと安定した噛み心地です。食事の際は熱や味を伝えやすいのが魅力です。
エコノミータイプは金属床の基本的なよさを生かしながら料金を抑えたものになります。

チタン合金+プラスチック

チタンは軽量な素材であるため、入れ歯を軽くつくることができます。また、薄く加工できるため保険適用の総入れ歯と比べて異物感が少なく、口の中が広く感じるほか安定した噛み心地があります。金属アレルギーを引き起こすことがなく、食事の際にも味が熱や味を伝えやすいのが魅力です。

磁性アタッチメント義歯(マグネットデンチャー)

磁石の吸い付く力で、総入れ歯の安定性を高める装置です。
ただし、神経を除去した歯根が残っている方など、限られたお口の状態の方にしか使用できません。

顎堤に優しい代用粘膜FDソフト(軟質リライン材)

総入れ歯の裏側にクッションの役割として、生体用シリコンを貼り付ける加工技術です。
歯茎にかかる圧力を軽くして、噛んだときの痛みを和らげるほか、噛み心地もよくなります。また、生体用シリコンが吸盤のような働きをして、入れ歯を外れにくくします。

・顎堤が著しく吸収して咀嚼しずらい
・口腔内が乾燥しやすい

方に適用します。

入れ歯の定期健診

口の中の状態は、体調の変化のように常に移り変わります。入れ歯を長く快適に使用し続けるには、定期的に検診を受けて調整することが大切です。
調子が悪くなくても3~4カ月に一度は受診して、入れ歯の具合をチェックして 下さい。入れ歯の具合が悪くなる原因にはさまざまな要因が絡み合い、調子の悪いときだけを診たのでは、すぐにその原因が分からない場合があります。
当院では、患者様が納得できるまで入れ歯の調整を行います。

BLOG
入れ歯専門サイト